ヘッダーイメージ 本文へジャンプ



  筑紫会

  理事長挨拶

  事業内容

  沿革

  採用情報

  交通 アクセス

  お問い合わせ

  アートコラボ・ラボ

真壁授産学園 真壁厚生学園 ハピネス ビックウイング まごころ市場 アートコラボ・ラボ



ご挨拶

 日本の障害者福祉サービスは、戦後の『生活保護法』から始まり、昭和45年に、障害種別を超えた『心身障害者対策基本法』、平成5年に、ノーマライゼーションの理念による『障害者基本法』制定、それから20年の歳月を経て、昨年『障害者総合支援法』となり、障害者の地域社会との共生を目指す様々な改正が行われてまいりました。26年4月からは『障害者程度区分』から『障害者支援区分』への変更や、グループホームとケアホームの一元化等がなされております。
 社会福祉法人筑紫会は『夢・希望をもって行動(考動)し、人々の幸せを願う』を経営理念とし、人との出会いを大切に、一人一人がより多くの経験ができるように住みよい環境を作りながら、地域福祉の担い手として、福祉の需要に迅速かつ最高の信頼が得られるように考動しております。また、障害者支援施設『真壁授産学園』『真壁厚生学園』及び、グループホーム『ハピネス』『ビッグウィング』に加え、平成26年4月1日より新たにグループホーム・タートルベアが仲間に加わり、より地域に根差した福祉サービスの提供が可能となりました。
 これからも私たちは、(使命)(情熱)(行動)を軸とし、真に利用者の皆様が求める施設サービスを目指し、常に癒される住みよい環境の提供、さらに、QOLの向上、支援員の質の向上に注力し、より多くの障害者の皆様が、一日も早く地域社会との共生が実現できる事を願い、邁進していく所存でございます。



平成26年4月1日

                    社会福祉法人 筑紫会

                              理事長 吉原 毅






        筑紫会TOP          真壁授産学園          真壁厚生学園
フッターイメージ